ココロとカラダに現れるうつ病の症状と、その治し方について

この症状はうつかな…?

基本的な症状

どんな人でも、うつ病にかかる可能性はある。いったんかかってしまえば、どんな人でもここで取り上げる基本的な症状に苦しむことになる。気分が落ち込み、やる気がなくなってしまうのである。

詳細を!

体が痛むうつ病

うつ病の症状が進むと、心だけでなく体も蝕まれてしまうことになる。この病気は、体の痛みさえ覚えさせてしまうものなのである。「ちょっと落ち込んでるだけなら放っとけばいい」というのは大きな誤りなのだ。

詳細を!

心と体にあらわれる

うつ病の症状について知っていますか?ここなら病気の症状から治療方法まで詳しく理解することができますよ。

心の痛み

「うつ病」という言葉から、暗い部屋で椅子に座ってうなだれている人のイメージを、思い浮かべることが出来るだろう。
それは間違っても浮かれたりはしゃいだりアゲアゲになったりしている状況ではない。むしろその逆である。落ち込んでいる。思いつめている。
あるいはやる気を失っている。気力がなくなっている。ピクリとも動かない。喋る気すらないようだ……。
たしかにこれが、巷間よく言われるところのうつ病の症状である。やる気の喪失や異常な落ち込みという症状があらわれるというのも、間違いではない。うつ病とは、何よりも心の状態が悪くなってしまうというものだ。心に、その症状があらわれてしまうものなのである。

しかし、それですべてがおしまいだと思ったら大間違いなので、用心すべきである。うつ病とは、実はそう一筋縄でいくものではない。症状にしても、心にあらわれるものだけではない、体が病んでしまうというパターンも、あるのだ。

体の痛み

うつ病という言葉から、ただただ無言でピクリとも動かずにうなだれている人をイメージできると上には書いた。
しかし、体に症状があらわれるのであればそのイメージは新しいものに取り替えなければならないだろう。
うつ病のフィジカルな症状としては、めまいとか痛みのようなものも含まれているからなのだ。
痛みへの反応を、体が見せてしまうこともあるだろう。

このように書いてしまうと何だかおどかしてしまうみたいだけれど、うつ病というのは決して治せない病気ではない。
心の痛みも体の痛みも、ちゃんと治そうとさえするなら治すことが出来る。治すための方法は、ちゃんとあるのだ。

新型うつの症状

うつ病の中でも、特に「新型」とカテゴライズされるタイプのものがある。当然ながらその症状も、従来にはなかったようなものを見せることになる。新しい時代の担い手となる若者たちの間で、特に見られる症状である。

詳細を!

うつ病の治療

うつ病は、治すことが出来る病気である。しかるべき方法をとり、その対策をすれば、症状はピタリと止まる。ズンズン転落していくような暗い気持ちから、明るく安定した気持ちに変化させることが出来るのである。

詳細を!

サインに気づくこと

「この症状はうつ病だ」と気づくことが、何よりも重要なことである。みんなと同じようにただ悩んでいるだけなのか、それとも病気になってしまったのか。その判断は、早めにつける必要があるものなのだ。

詳細を!

ストレスの種類

人はさまざまな原因でうつ病の症状を発症してしまうようになるが、ストレスというのがその代表的なものである。そのストレスもいくつかに種類分けすることが出来、どれが原因になったのか、1人ひとり違うのである。

詳細を!